125

by jy76xier
XML | ATOM

skin by excite
…え?」

「なにか?」

「ここに、今、いるの?」

「はい」

まずくない?nike スニーカー 新作

だってあいつら森鬼ABと戦ってる時に隔離したんだよ?

今街を見学している森鬼ご一行と鉢合わせしたらまずくない?

「おま、森鬼とばったりとかなったらどう……!」

「ご安心を。そうならぬよう、エリアを確実に分けております。奴らはエルドワの工房付近に泊まらせて明日にでも送り返します。あの森は既に結界で見えず入れずの状態ですのでツィーゲへの|隘路(あいろ)、その入り口にでも捨てましょうかの」

冒険者のようですから、多少質の良い武器でも渡せば満足するでしょう、と。

巴は続けた。アンブロシアは森鬼も最優先で守りたいようで、村の結界よりも重視しているようだった。

ドワーフの工房は確かにある種隔離された場所だ。他地域に移るなら誰かの目に止まることになるだろう。ならばいきなり森鬼や僕らに遭遇なんてことはないか。

武器をあげて、ね。というかあの馬鹿供がいたから今回大分苦労させられた気もするんだけど。

女の方の一匹に至っては、巴と澪に襲われそうになった原因を作った女に似ている気がするんだけど…。髪型も違うし別人か?

うーむ。

釈然としないものは多少あるけど。

ま、いいか。巴の言うそれなりの武器を持てば荒野の入り口付近では攻撃力は十分なわけで。彼らがこれから真っ当な道に進むことを祈るかね。そうでなきゃ次に無茶したら死ぬだけなんだろうし。大体ツィーゲに戻る為に通る隘路はその名の通り、狭く困難な道。延々と上りだし油断を狙って襲ってくる輩も多い。帰路で力尽きるようならそれまでだ。

うんエルドワの武器は優秀だからな。餞別は十分だね。

武器、武器か。

最近どっかで質の良い武器がどうのって言葉を口にしたような……。

この不味そうなイメージは、ライムだ!ライムラテ!

あの人に武器あげるとか言ったんだったな。自力であのレベルに到達して、それなりの実力は持つ男だ。……巴にえらい目に遭わされて澪にカツアゲ食らったけど。
nike ウェア
そうだったそうだった。

僕の装備品についての進捗もあるし、ツィーゲを出る前といわず近い内にエルドワさんとこに顔出そ。

うむ、ちょっと気が抜けて楽になったつもりでいたけど。

僕やることまだまだあるじゃん!!

「じゃそのトリオは任せる。僕が会うわけにも行かないし」

「御意」

「それじゃ二人はもういいよ。後はリッチさんとちょっと話すだけだし」

「面白そうだし試したいこともありますゆえ同席しますぞ」

「あの変態の例もあります。密室で二人は駄目です!」

うん?別に危険も無いんだからお二方とも亜空での仕事に取り掛かってくれればいいのに。

澪、この骨に貞操の危機に晒されることは多分、絶対無いと思うよ?

好きにすれば良いけども。

それじゃ、事情聴取といきますか。

************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。今回は前後編に分けてみました。
********************************************
骸と話す~前編~

「まずは立ったら?もうある程度は回復してるんでしょ?」

魔力は休むと回復するからな。僕はただ闇にリッチの魔力を食わせただけ。回復の阻害とかはしてない。

全快から見てどれだけの回復状況にあるかは本人しかわからないだろうけど、少なくとも立てるか話せるかというレベルでなら外から見ててもわかる。

「……ふむ、我は、どうなる?」

大人しく従って立ち上がる骸骨。しかし武器であろう杖は出していない。法衣と同じく魔力で構成
http://www.shoessretain.com
# by jy76xier | 2013-09-12 16:49
…え?」

「なにか?」

「ここに、今、いるの?」

「はい」

まずくない?nike スニーカー 新作

だってあいつら森鬼ABと戦ってる時に隔離したんだよ?

今街を見学している森鬼ご一行と鉢合わせしたらまずくない?

「おま、森鬼とばったりとかなったらどう……!」

「ご安心を。そうならぬよう、エリアを確実に分けております。奴らはエルドワの工房付近に泊まらせて明日にでも送り返します。あの森は既に結界で見えず入れずの状態ですのでツィーゲへの|隘路(あいろ)、その入り口にでも捨てましょうかの」

冒険者のようですから、多少質の良い武器でも渡せば満足するでしょう、と。

巴は続けた。アンブロシアは森鬼も最優先で守りたいようで、村の結界よりも重視しているようだった。

ドワーフの工房は確かにある種隔離された場所だ。他地域に移るなら誰かの目に止まることになるだろう。ならばいきなり森鬼や僕らに遭遇なんてことはないか。

武器をあげて、ね。というかあの馬鹿供がいたから今回大分苦労させられた気もするんだけど。

女の方の一匹に至っては、巴と澪に襲われそうになった原因を作った女に似ている気がするんだけど…。髪型も違うし別人か?

うーむ。

釈然としないものは多少あるけど。

ま、いいか。巴の言うそれなりの武器を持てば荒野の入り口付近では攻撃力は十分なわけで。彼らがこれから真っ当な道に進むことを祈るかね。そうでなきゃ次に無茶したら死ぬだけなんだろうし。大体ツィーゲに戻る為に通る隘路はその名の通り、狭く困難な道。延々と上りだし油断を狙って襲ってくる輩も多い。帰路で力尽きるようならそれまでだ。

うんエルドワの武器は優秀だからな。餞別は十分だね。

武器、武器か。

最近どっかで質の良い武器がどうのって言葉を口にしたような……。

この不味そうなイメージは、ライムだ!ライムラテ!

あの人に武器あげるとか言ったんだったな。自力であのレベルに到達して、それなりの実力は持つ男だ。……巴にえらい目に遭わされて澪にカツアゲ食らったけど。
nike ウェア
そうだったそうだった。

僕の装備品についての進捗もあるし、ツィーゲを出る前といわず近い内にエルドワさんとこに顔出そ。

うむ、ちょっと気が抜けて楽になったつもりでいたけど。

僕やることまだまだあるじゃん!!

「じゃそのトリオは任せる。僕が会うわけにも行かないし」

「御意」

「それじゃ二人はもういいよ。後はリッチさんとちょっと話すだけだし」

「面白そうだし試したいこともありますゆえ同席しますぞ」

「あの変態の例もあります。密室で二人は駄目です!」

うん?別に危険も無いんだからお二方とも亜空での仕事に取り掛かってくれればいいのに。

澪、この骨に貞操の危機に晒されることは多分、絶対無いと思うよ?

好きにすれば良いけども。

それじゃ、事情聴取といきますか。

************************************************
ご意見ご感想お待ちしています。今回は前後編に分けてみました。
********************************************
骸と話す~前編~

「まずは立ったら?もうある程度は回復してるんでしょ?」

魔力は休むと回復するからな。僕はただ闇にリッチの魔力を食わせただけ。回復の阻害とかはしてない。

全快から見てどれだけの回復状況にあるかは本人しかわからないだろうけど、少なくとも立てるか話せるかというレベルでなら外から見ててもわかる。

「……ふむ、我は、どうなる?」

大人しく従って立ち上がる骸骨。しかし武器であろう杖は出していない。法衣と同じく魔力で構成
http://www.shoessretain.com
# by jy76xier | 2013-09-12 16:49

王都は活気に満ちていた



「あら、観光なさるんですか」

[ええ、この町は初めてなもので。旅行、好きなんです]

「うふふ、何だかライドウさんって本当に貴族みたいなこと言いますね。どれだけ大きな商会の跡継ぎ様なのか」

[世間知らずですみません]

旅行ってこの世界だと結構すごい趣味になるのか?ナイキ スニーカー 激安

「いえいえ~、それでは明日の夜にでも一度、宿にお邪魔してもよろしいですか?澪様の連絡先を伺うのも兼ねて」

そういえば、ルビーアイの瞳をもらうときに四人に澪の連絡先を教えて欲しいといわれたっけ。

何のことかわからなかったけど、詳しく聞いてギルドカードの連絡に使う際のアドレスみたいなものだと知った。

要するに、「メアド交換してください」ってことだね。

別に構わないからOKだしたんだったな。明日の夜か。そうしたら巴と澪と僕と3人分渡しておきますか。

[ええ、構いませんよ。明日の夜ですね]

明日は予定がみっちりだなあ。

巴と澪連れて冒険者ギルドいって、それから商人ギルド行って僕の商会の立ち上げして、大雑把でもいいから世界地図と、それから周辺の地図も買って。

それにしても。

今日は本当に楽しい夜だなあ。

僕の心からの感慨を祝うように。

その日の宴は夜遅くまで続いた。

料金は金貨1枚。

あれだけ食って飲んでその程度。実に安い。最高だ!

ツィーゲ。

世界の果てと呼ばれる場所で最も栄えている場所。

言いかえれば、ようやくヒューマンの領域の入り口。

僕の荒野横断もここで終了、異世界放浪もようやく一息だ。

やー長かった。

そして美味かった!楽しかった!
************************************************
最後くらいは真君も楽しく過ごしてもらいましょう。とサービスしました。

ほとんどまったく全然に恋愛やハーレムの要素の無いお話でしたがどうでしたでしょうか?

ご意見ご感想、一言に評価をお待ちしております。

投稿は出来ませんが感想にお返しはさせて頂きますので^^

失礼します。今回は他の召喚者のお話です。nike 靴
こちらにおいては視点は基本第三者で書いて、特に視点を変えるときだけ~???~にしています。
この子は基本勇者っぽい勇者の立場で王道をひた走ります。
********************************************
閑話 リミアの勇者①

王都は活気に満ちていた。

ここリミア王国はヒューマンの勢力の北端、最終防衛線を構える大国だ。

ちなみに東の隣国であるグリトニア帝国も同様に大国であり、防衛線も共有する強固な同盟関係が築かれている。実質この二国が魔族の侵攻を食い止めているわけで、各国に対する発言力もまた非常に強い。
だがこのような状況で王国が今のように活気が湧くことは珍しい。

そう、理由があった。女神の啓示という祭りが起きよう程の出来事が。

この十年、女神はどれほどの祈りにも耳を貸さず、ただ黙していた。

魔族の未曾有の大侵攻を前に女神の祝福を得られなかったヒューマンは実に大敗を喫した。五大国と言われた大国の一つが滅び、大陸の版図が大きく塗り変わった。北端の過酷な氷原に住まうだけの魔族が今や港を持ち、豊かな大地を得て大きな国を成した。

大国を容易く呑み込んだ侵略に中小国家が敵う筈も無く。いくつもの亜人国家もなす術なく滅んだ。

かつてヒューマンの楽園のごとく存在した大陸は、魔族の繁栄の象徴になりつつある。

その現状に待ちに待った、もう見放されたかとさえ思った女神から神託があったのだ。国が祭りに見紛う騒ぎになっても幾らも不思議はなかった。

市井の噂では魔を滅ぼす為に女
http://www.shoessresume.com
# by jy76xier | 2013-09-11 17:48
  • < 前のページ
  • 次のページ >